海洋深層水とは

海洋深層水とは、近年の健康・美容ブームにおいて注目を集めているものの一つ。海洋深層水は、飲料水をはじめ、化粧品や入浴剤、加工食品などに利用されています。

海洋深層水は、単に「深層水」とも呼ばれています。海洋深層水は名前通り、海の深いところの水ですが、産業利用上の定義と海洋学上の定義では、若干質が異なります。商品に使われる海洋深層水の場合は、前者の定義のものを指し、具体的には「水深200m以下の深海に分布し、表層の水とは異なる物理的・化学的特徴を持っている海水」ということになっています。ちなみに海洋深層水の「表層の水とは異なる物理的・化学的特徴」とは、物理的には「低温・高塩分・高密度」、化学的には「溶存酸素が少なく、ミネラルや栄養塩が豊富」ということです。

海洋深層水は、表層の水と比べると、水質汚染の原因となる有機物や細菌も少ないので、今後のさらなる有効利用が期待されています。

海洋深層水の利用法

海洋深層水は、陸水や海の表層の水と比べると、水温や成分においてさまざまな違いがあります。海洋深層水のこうした特長を生かして、現在では工業や水産業の分野で海洋深層水の利用が行われていますし、農業や医療などの分野における有効利用の研究も進んでいます。

海洋深層水そのものを使った商品開発もまた積極的に行われています。海洋深層水を利用した代表的な商品のジャンルとしては、以下のものが挙げられます。

・飲料水および飲料(アルコール入り含む)
・化粧品
・入浴剤などのバスグッズ
・加工食品

海洋深層水を使った商品の中には、「海洋深層水」という言葉から感じられるであろう神秘的イメージを前面に打ち出しただけの、特にこれといった海洋深層水の効果が感じられないものもあります。海洋深層水関連の商品を選ぶ際は、信頼できるメーカーのものを選ぶことが望ましいでしょう。

スポンサードリンク